プロフィール

メッセージ

高橋真琴 (たかはし まこと)

1934年、大阪に生まれる。
貸本漫画でデビュー後、 雑誌『少女』にカラー連載「あらしをこえて」などを発表する。 以後、雑誌の表紙、口絵、挿絵を描くほか、スケッチブックや筆箱 といった文具類などで、数多くの少女画を手がける。
1992年から現在まで定期的に新作個展を開催し、精力的に作品を発表している。
1934年 8月27日、大阪市住吉区に男3人兄弟の長男として誕生。
1947年 東中学校入学、図書室で雑誌『ひまわり』を見て、中原淳一の絵に感動する。
抒情画に興味を持ち将来進む道を決める。
1950年 大阪市泉尾工業高校・色染科に入学。
1953年 榎本法令館より『奴隷の王女』を出版、
漫画家としてデビュー。
1957年 雑誌『少女』(光文社)夏の増刊号に「悲しみの浜辺」掲載。
1958年 『少女』に連載漫画「あらしをこえて」を掲載、一躍人気作家となる。
この頃より、文房具やハンカチなどの日用品のイラストを手がけるようになる。
アトリエを大阪から東京に移す。
1960年 学習誌『小学一年生』(小学館)などに カラー口絵や絵物語を描き始める。
1963年 この頃より、『少女フレンド』(講談社)、
『週刊マーガレット』・『りぼん』(集英社)などの
数多くの少女向け雑誌のカラー口絵や絵物語、表紙画などを描き始める。
東京から千葉県佐倉市にアトリエを移す。以後、佐倉市に在住。
1967年 『デラックス・マーガレット』(集英社)の表紙画を描き始める(1976年まで)。
初のヨーロッパ旅行へ。
1972年 小学館学習誌『よいこ』に、世界の名作物語のイラストを描き始める。
1960年代~80年代までは、雑誌の表紙、口絵、挿画などの作品を発表するほか、
文房具・布製品・自転車など数多くの商品デザインをてがける。
1989年 千葉県佐倉市に「真琴画廊」を開廊。
原画やグッズの展示を始める。
1992年 第1回個展を開催。大きな反響を得て、以後、毎年定期的に東京と関西で新作を発表。
1995年 初の画集『あこがれ』(光風社出版)刊行。
1997年 弥生美術館で個展 「高橋真琴~永遠の少女たち~」を開催。
高橋真琴グッズ「MACOTOシリーズ」 (スーパープランニング)を発売。
1998年 (株)スーパープランニングからMACOTOシリーズを発売し、話題を呼ぶ。
1999年 画集『少女ロマンスI 高橋真琴の世界』(PARCO出版)刊行。
2000年 『もりのおともだち』(小学館)を刊行。
『Brutas 2001年11月号』表紙イラストをてがける。
2001年 雑誌『ブルータス』(マガジンハウス) 宝塚歌劇特集号の表紙画を手がける。     
画集『MACOTOのおひめさま』 (PARCO出版)刊行。
2003年 『高橋真琴のおひめさまえほん「にんぎょひめ」「おやゆびひめ」
「シンデレラ」「ねむりひめ」「しらゆきひめ」』(ブッキング)を復刊。
『高橋真琴画集 愛のおくりもの』(美術出版社)を刊行。
『Gothic & Lolita Bible Vol.10』(インデックス・コミュニケーションズ)の
表紙にイラストが使用される。
『みづゑ 2003冬号09』(美術出版社)の表紙イラストをてがける。
2004年 絵本『うろこひめ』(文・嶽本野ばら、主婦と生活社)の絵を担当する。
2006年 『高橋真琴の少女ぬりえ「日本のおひめさま」「高橋真琴の少女ぬりえ」
「世界のおひめさま」』(講談社) を刊行。
『パリ-東京/さくら並木』(小学館クリエイティブ)が復刻される。
2007年 神戸山手女子中学校・高等学校の
オープンスクールパンフレット画を手がける。
2008年 「佐倉チューリップまつり」ポスター画を 手がける。
2010年 美術館「えき」KYOTO、八王子市夢美術館 にて「高橋真琴の夢とロマン展」開催。
2011年 「佐倉フラワーフェスタ2011」ポスター画を 手がける。
以後毎年「佐倉フラワーフェスタ」のポスター画を担当。
画集『MACOTOPIA』(復刊ドットコム)刊行。
2012年 京都国際マンガミュージアムにて
「少女マンガとファッション 中原淳一と 高橋真琴の世界」展開催。
2013年 「Victorian maiden」とのコラボレーション商品 の販売開始。
画業60周年記念画集『夢見る少女たち』(パイ インターナショナル)刊行。
2014年 西武渋谷店にて「高橋真琴の原画展 ~夢見る少女たち~」開催。
2015年 画集『真琴の美学』(復刊ドットコム)刊行。
平田本陣記念館、伊達市梁川美術館、
阪急西宮店にて「高橋真琴の原画展~夢見る少女たち~」開催。
佐倉市立美術館にて「高橋真琴の原画展~佐倉で描かれた少女たち~」開催。
11月2日、真琴画廊株式会社 法人化。