ギャンブルの世界で達人になるには?

ハリウッド映画では全てのギャンブルが簡単に上手くいくように描かれていますから、プロのギャンブラーになることを職業選択の一つと考えている人もいるかと思います。例えばジェームズ・ボンドは、映画の中で豪華なホテルに泊まり高級なワインを嗜み、暇さえあればポーカーを楽しんでいます。 

しかし残念なことに、現実の世界ではギャンブルはそう簡単にはいきません。プロのギャンブラーになるためには、多くの時間と集中、努力が必要です。大儲けができる可能性があるギャンブルですが、正しいやり方を理解して安定した勝利を得るには、地道なアプローチが必要です。 

では早速、プロのギャンブラーになることは可能なのか、可能ならばどのようにしてプロになれるのかを見ていきましょう。 

バンクロールはどのくらい?

全てのプレイヤーが一度は「小銭を億に化けさせたい」と夢見るはずです。しかし、それは簡単なことではなく、雷に打たれる可能性のほうが高いほどです。しかし、成功するギャンブラーは自分のバンクロールの大きさをしっかりと理解しています。これが、その他大勢とのギャンブラーとの違いです。 

プロのギャンブラーは自分のバンクロールを把握しており、それがギャンブルの生命線であることを知っているからです。バンクロールの大きさによって、失ってよい金額や賭けてよい金額が決まります。ギャンブルで最も重要な要素は「運」ではありますが、その運を自分に有利に変えていく必要があるのです。 

必要なスキルの習得 

プロのギャンブラーになるためには、ゲームのスキルを得るだけでは十分とは言えません。プレイヤーはギャンブルを成功させるために、金銭管理、感情のコントロール、時間管理、記録・分析などのスキルも身につける必要があります。

しかし実際のギャンブルになると、プレイヤーは重大なミスを犯してしまう傾向があります。それは、スキルに依存するゲームと運に依存するゲームを区別できなくなってしまうからです。正直なところ、ギャンブルでずっと勝ち続けることはほとんど不可能で、プロのギャンブラーでも負けが続く場合があります。 

運に依存するゲームでは、プレイヤーが負け、ハウス側が勝つようにゲームが設計されています。スロットやクラップス、ルーレットなどのゲームで連勝することは珍しくありませんが、確率的には不利なゲームです。勝ち続けていたとしても、ある時点で全てが崩れ、全額を失う可能性があることを覚えておいてください。 

スキルを競うゲームは、ある程度結果をコントロールできるため、ギャンブラーとしては注力すべきゲームです。しかし、そのようなゲームにも運の要素が常に含まれていることを忘れないでください。 

ギャンブルの知識を身に着けて正しい戦略で賭けを行えば、リスクを抑えることができます。スキルや知識が重要なゲームには、例えばスポーツベッティング、Eスポーツ、スペード、ポーカー、ブラックジャック、バックギャモンなどがあります。 

プロのギャンブラーになるには

プロのギャンブラーになる大きなメリットは、仕事の時間を自由に選べることです。副業であれば、本業が終わった後の空いた時間にゲームをプレイすることも可能です。 

しかし、ギャンブルを上達させるには、何時間もの献身的な努力が必要です。ウォーカーブラザーズのようなプロギャンブラーの多くは、毎日最大5つのゲームを研究し、完璧な戦略を整えながら賭けを行っています。プロのギャンブラーになる道のりは、長い時間がかかる地道なプロセスであることを覚えておいてください。